イメージ画像

洗濯機ドラム式か縦型か?!

私の家にある洗濯機のメーカーは「National」です。最近の若い子には知らない人もいるでしょう。今のパナソニックです。という事は、どういう事かというと、とってもとっても古い洗濯機というわけです。
新築に引っ越す時に新しい洗濯機を買う予定ですが、最新の洗濯機には形から大きく違いタイプが出ていたりで、とても迷ってしまいます。
購入の前に少し勉強しておこうと思います。
まず、縦型の洗濯機かドラム式の洗濯機かどちらがいいでしょうか。どちらも一緒のように感じるというか、取り出すときにかがまなくてはいけないのでドラム式はどうかと。。。。というのが正直の私の印象です。
私たちになじみのある形は縦型です。縦型の洗濯機の特徴は、衣類をこすり合わせて洗うので、汚れをしっかりと落とすことが出来ます。そして、安価なのも特徴の一つです。
そして、最近じわじわと人気が出てきているのがドラム式です。海外では良く使われているタイプのものになります。これは、縦型と違って、上から下へ衣類を落とす事で汚れを落とす仕組みになっているため、衣類をこする縦型よりも衣類を傷めずに洗うことが出来ます。また、乾燥機能までついたものが主流で、スイッチ一つで洗濯から乾燥までしてくれるという優れものです。また、ドラム式では温水で洗う事も出来るため、頑固汚れにも強いそうです。ただ、金額的にはかなり高額なため、本体価格と年間の節水などを考慮した上で検討する必要がありそうです。
私もまだまだ勉強不足なので、まずは縦型かドラム式かを検討し決めた後にメーカーを選んでいきたいと思います。
あと少しだけ、うるさくて節水機能など全くない、おんぼろ洗濯機と過ごしてきたいと思います。

タグ

2015/03/03 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家事

第3の洗剤。ジェルボール!

粉でもない、液体でもない、第3の洗剤。生田斗真君がCMをして一躍話題になった、アリエールのパワージェルボール。皆さんも一度はドラッグストアにある見本に触れてぷにぷにの触感を体験したことがあると思います。
ジェルボールは新素材のフィルムに一回分のジェル状洗剤が入っているため、1つを洗濯機にぽいっと入れるだけなんです。とても簡単です。
このマジックフィルムは15キロの重さを乗せても破れないそうです。しかし、水にはすぐに溶けるという特殊な特徴を持っています。
そんなフィルムに包まれたジェルボールは計量する必要がないので、こぼれることもありません。
私はまだ液体洗剤を使っていますが、毎日計量して洗濯機に洗剤を入れています。しかし、どれくらいがちょうどいい量なのか分からないです。感覚で入れています。しかし、これはそういったことも考えなくていいのです。
すでに海外では大ヒットしていてイギリスでは市場の20%も占めているそうです。
今月になりアリエールだけでなくボールドもジェルボールも発売しました。この間、ドラックストアに行ったら詰め替え用まで発売していました。
これを使った方の口コミには、もうジェルボールの簡単さを知ったら他のは使えないとか、洗浄力もかなりすごいという声が続々と届いているそうです。
そのうち、柔軟剤からすべてのものにジェルボールが出来る時もくるのかもしれません。
主婦の強い味方がまた一つ増えましたね。

タグ

2014/08/01 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家事

このページの先頭へ